若手社員の逃げ場

仕事で辛いことから現実逃避して、気持ちの休まることを書きたいです。

映画『凶悪』の悪人をどう裁くかについて

 

 


フィクションの魅力は、やはり自分が経験できない世界に触れてその世界を疑似体験できることではないか。バイオレンスなものや法を破るならず者たちの作品を好んで観てしまうのは現実の生きづらさからくる欲求なのかもしれない。しかし、バイオレンス映画にも観ていて気持ちいいものと視聴を中断したくなるものがある。快・不快あるいはメッセージ性を考慮するとどちらかが優れている、というものではないが、映画『凶悪』に関しては明らかに後者に該当する作品である。

 

 

 

ピエール瀧さんが演じる人物は保険金の掛かった人を殺すことでお金を稼いでいた。しかし、逮捕されて死刑が確定していたが裏で自分を指示していた人物が捕まりもせずに檻の外でのうのうと生きてることが許せないと言う。瀧さんは山田孝之さん演じる週刊誌の記者にその人物の記事を書くように頼むがーー。

 

 

 

 

 

 

ここからはネタバレを含みます。ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


冒頭で話した気持ちのよいバイオレンスとは悪人が痛い目をみるもののような気がしてる。作中で観客に怒りを感じさせるような人物が酷い目に遭うと喜んでしまう自分がいる(冷静に分析すると歪んだ正義感のようで怖くなるが)。では不快感を感じるバイオレンス、これは弱者を痛ぶるものである。確かにこの作品で散々な目に遭う人たちは借金を踏み倒した上に支払い能力もない。彼らの多くは高齢で、労働によってそのお金を生み出すのも難しい(専門性を必要とせずに大金を稼ごうとするとどうしても体力仕事になってしまうようだ)。だから瀧さんやリリーさんは彼らの命にお金を掛けて稼ぐ。他に方法がないから。

 


借金を踏み倒すことも、人の命に手をかけることも許されることではない。だから両方ともしてはいけない。しかし既にそれらの行為に及んでしまった人たちをどう裁けばいいのだろうか。被害者たちにどう寄り添えばいいのだろうか。死刑によって残された人たちの気は晴れるのだろうか。罪人を生きながらせて一生かけて罪を償わせることが望ましいのだろうか。被害者たちは事件を忘れることで、なかったことにすれば幸せに暮らせるのだろうか。加害者にしても被害者にしても人である。その心を型にはめて、過去の事例通りの対処の仕方で済ませてもいい問題ではないのではないだろうか。だから検察官も弁護士もAIに置き換えない方がいいような気がする。

 


現実逃避の為に映画を観てるのに他人の問題まで抱え込んでしまった。しかもこの作品に限っては原作がノンフィクション小説のようだ。また現実の生きづらさが強くなった。今はベイブが観たい。

怒るのが苦手だと人を小馬鹿にしてる感じになる

 

 


怒るのが苦手である。それなりに嫌なことはあるし、被害を被ったときに見逃せるほどゆとりがあるわけでもない。ただただ表現が下手なのである。

 


怒るのにも技能がいる。本心では怒ってないのに怒ったように振る舞い、相手を説き伏せられるような人がいる。自分の怒りを綺麗に表現して反撃の隙を与えない人もいる。怒るのが下手なぼくは"怒り"は鉄砲だと思っている。扱いが上手い人は相手を射抜けれるし、威嚇射撃だけでもその音が恐ろしければ人の心を操れられる。ぼくが引き金を引こうとすると鉄砲は暴発する。とりあえず手が痛い。相手も爆発に巻き込もうとしたら大量の火薬が要るが、手元は当然ぼくに近くてぼくの方が重症を負う。

 


だからぼくは自分の怒りを表明するときは銃を当たりに見せびらかすことしかできない。しかし引き金さえ引かなければ立派な凶器である。「なんでそんなに人を怒らせられるの?」と言われたことは一度ではない。たぶん凶器を振り回している不快感からであろう。ぼくも自分と同じ人間と共に過ごしたくない。

 


総合すると、1番の理想は早撃ちガンマンではないだろうか。相手が銃に手をかけたときに射抜ける人物。そんな人に憧れる。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』のネタバレをします

 

 


エヴァQから9年。待ちに待った最新作にして完結作『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』が公開されました。賛否両論を巻き起こしていくつもの謎を残したまま終わったQ。その謎がどう解明されるのか楽しみにしてたのですが、まさかこんなに待たされるとは。シンジくん、あるいは庵野さんがどんな答えを用意してるのか。気になっているファンのみなさんは何の情報もいれずに作品を楽しみたいし、告知映像等も宇多田ヒカルさんの曲に乗せて本編映像をチラッとみせるだけでストーリーに触れるような情報は公開されなかったため、故意にネタバレする方には批判が集まりました。

 


そんなネタバレ犯の中には愉快犯もいてYouTubeの全く関係のない動画のコメント欄にエヴァのネタバレを書く人もいたそうです。その為、ネット断ちする人はもちろん、見終わった方々のリアクションさえ見たくないマニアは開演時間のギリギリに入場したそうです。(ぼくの友人は、劇場で見終わった人たちが感想を話し合ってるのを耳にしてしまったそうです)

 


そんな期待と関心の集まった作品、シンエヴァの感想をここに書きたいと思います。じゃんじゃんネタバレします。ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンジくんの手によってニアサードインパクトが起こり、人類の多くは亡くなった。自分の失敗を"なかったこと"にするためにカヲルくんと行った作戦、こちらも失敗に終わり、更なる被害を生む。大きな絶望感の中、シンジくん、アスカ、綾波は帰路につくーーー。

 

 

 

 


ここまでがQのラストまでのあらすじである。絶望のどん底からシンジくんがどう立ち直り、失敗にどう向き合うのかに注目しながら観た。まず驚かされるのはQになかった生活感だ。Qの舞台は飛行兵器や廃墟のような基地のみで、かわってしまった世界とシンジくんの犯した罪の大きさが感じられた。そこからシンの冒頭では復興を目指す平和な村が描かれる。その村では「起こってしまった事態は過去のこと」だと割り切り、未来に向かって動いていた。シンジくんの旧友たちもシンジくんを温かく迎いれてくれた(旧友たちの変化には驚いた)。

 

 

 

だが、この光景を目にしてもシンジくんは立ち直ることができない。これは劇中でも言及されていた通り「ケジメをつけないと割り切れない」からだ。自分が満足のいく形で、そして迷惑をかけてしまった人たちに償わなければいけない。そのケジメこそがQで見せたミサトさんの異様な態度の理由だし、Qで安易に"やりなおそう"として失敗した理由である。故意であれ、過失であれ、自分の選んだ行動には責任が伴う。自分の行動の意味するところを知らなかったとしても、その効果を無かったことにはできない。

 


そこでシンジくんが選んだ答えが対話である。

 

 

 

エヴァは制作会社がかわっても、公開するフォーマットがテレビから映画にかわっても、時代がかわっても"メッセージ"は一貫している。「人とどう関わっていくか」だ。人類補完計画は人類をひとつに統一する計画である。自分と他者との境界がなくなればいちいち自分の失敗を責め立てられないし、ケジメもつけなくてよくなる。碇ゲンドウの語る「他人の家が苦手だった」や「知識は拒まない」には強く共感した。それほど拒絶されることが怖い。現実の"世界をひとつにしよう"なんて平和的に見える考えも自分の思想を押しつけているだけで補完計画とかわらない。他人がいてはじめて自分の存在、あるいは自分のおかしな点に気づける。もとより1人であれば孤独を感じることさえない。

 


あらゆるものを犠牲にして亡くなった妻を追い求めるゲンドウと向こう見ずに綾波を助けようとしたシンジくんに大きな差はない。しかし、誰かを幸せにすることは誰かを不幸せにすることに繋がるかもしれない(綾波が抱える恋心によってアスカが自分の胸のうちを明かすことをやめたように)。

 


だから対話が必要なのだ。なにが人の幸せになって、なにが人の不幸になるかを知るために。そして、自分の不幸や人の不幸を癒すために。

芸人のルームシェアちょっといいよね

 

 


最近の東京の人は安易にシェアハウスをするようだ。気になる若手芸人は大抵同居していたり、同居していた過去がある。シェアハウスをすると人は面白くなるのだろうか。

 


蛙亭の岩倉さんはフリートークをつくるためにシェアハウスをはじめたそうだ。普通に暮らしていても話題など生まれないのである。ぼくの話題も彼女とのことが多いかもしれない。人と住むということはストーリーがつくられるということなのだろうか。

 


シェアハウスをしている人らとぼくとの違いは人数である。ぼくらは2人であっちは4人。4人だとワイワイしてて楽しそうだとは思う。それこそが魅力であり人数の数だけ不確定要素が多い。

 


ぼくの趣味は読書と日記と映画だ。全部1人の趣味。1人で楽しみたい趣味。これは友だちがいなかったからこうなってしまったのだろうか。しかし、内面の想いはたくさん膨れ上がった。

 


ぼくは給食を食べるのがはやかった。みんなが喋ってる間に黙々とご飯を食べていたからである。おしゃべりな人気者はお皿の料理が一向に減らなかったが楽しそうだった。人気者は背が小さいままだったが、ぼくは成長痛に悩まされながら大きくなった。

 


ワイワイも黙々も優劣はない。ぼくだって人から勧められたものに挑戦してみたりするし、1人で見つけた公園もすきだ。1人でも大勢でも、その瞬間を楽しめるヤツが偉いのである。

 


しかし、ぼくの趣味もお酒の席の話題づくりのためにしている部分があるので結局はワイワイに憧れてる気もする。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の社会的理不尽

 

 


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』はこれまでのヱヴァの枠からかなり飛んだ意欲作である。SF作品で描かれるのは基本的には未来のテクノロジーだ(スターウォーズは遠い昔 はるかかなたの銀河系が舞台だが)。ぼくは未来であろうが過去であろうが未知の見慣れない装置や文化がみたいのである。そしてそれは時代によってアップデートして然るべきであり、それこそが新劇場版という形でヱヴァをつくる意義のひとつであると思っている。その点からみればQは大成功である。

 

 

 

ここからはヱヴァ序からQまでの作品のネタバレを含みますのでご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


シンジくんはニアサードインパクトから14年後に目を覚ました。シンジくんの手によって人類は大きなダメージを受けた。当然、周囲の目は批判的である。困惑するシンジくん。そこへ綾波の乗るエヴァが現れる。周囲の反対を押し切ってシンジくんは綾波と共に戦艦を飛び出したーー。

 

 

 

シンジくんは無理矢理ヱヴァに乗らされた。そしてそれを嫌がると「嫌なら乗るな」と言われる。あくまで、自分の意思で乗れと。そのくせシンジくんは誰よりもヱヴァを乗りこなせられるので現場を離れた後も組織の人間が尾行する。その間も共に闘った仲間や世界は壊されていく。だからシンジくんはヱヴァに乗ることを選んだ。自分から。そして強大な敵に向かっていく。その意思をミサトさんも尊重して、後押しした。

 


それなのに結果だけみて、その行動を批判する。外部の人間や、指示を出したミサトさんまで。当事者じゃないにしろ実際に被害を被っているのだから、外部の人間がシンジくんを否定するのはわかる。だが、ミサトさんも同じ態度を取るのはおかしいのではないだろうか。あの時、シンジくんはミサトさんの同意が得られなくても行動をかえたとは考えにくい。しかし、自分の言動をなかったかのような態度はなんだ。そして部下のミスを、部下と一緒に頭を下げて責任をとるのが上司のあるべき姿なのではないだろうか(頭を下げて許されるような失敗ではないが)。

 


だからこの作品で唯一シンジくんに寄り添ってくれるカヲルくんが有難いのである。すべての事情を知っていながらあそこまで優しくしてくれる懐の広さ。そしてシンジくんとの共通点の多さ。映画を観ている内にぼくとカヲルくんの想いは一致した。「シンジくんに幸せになってほしい」

 


シンジくんが綾波を助けようとしてサードインパクトが起こった。自覚はないにしろ世界よりも1人の命を選んだのだ。カヲルの願いも、再びサードインパクトのようなことが起こりうるリスクを考えたら世界よりも個人を選ぶことであり、ミサトさんだってシンジにつけられた爆弾のスイッチを押せなかったのは結局、シンジくん個人を選んだことに他ならない。

 


このような2択で世界を選べる人間なんていないのではないだろうか。選択の重さは違えど、ぼくらは排気ガスを撒き散らすし、紙のストローじゃなくてプラスチックのヤツがいいと思う。所詮「世界」なんてものは目の前に広がっている光景で地平線の先のことまで考えられる余裕はない。

 


「Qは理不尽な社会像を表すようだ」と評する文章をみたことがある。ミサトさんは状況に応じて言うことをかえる無能上司で、ヴィレの一味は厳しい他部署である。カヲルくんは優しい先輩社員だ。もうこの人しか信頼できない。

 


しかし、有能な先輩社員も目標達成間際になって黙ってしまう。状況は刻一刻を争う。立ち止まってる場合ではない。ぼくがやるしかない。それが大赤字を引き起こすとは知らないで。

 


この作品は賛否両論あるそうだ。破とテイストが違うからだろうか。流された予告とモノが違うので期待を裏切られてしまったのだろうか。

 


ぼくもこの結末の後に何年も待たされていたらモヤモヤした気持ちのまま評価を下げていくかもしれない。しかし、シンがある。シン公開直前にこの作品をみなおした。シンがどうにかしてくれる。あのラストからなんらかのアクションが起こると思うと期待は高まる。そしてなにより社会の理不尽さを知った。過去作をみて本作を迎えるまでに大人になった方、あるいは大人になってからこの作品を観返した方は、自分と同じように批判され悩むシンジくんを観て、励まされたのではないだろうか。中学生の自我が芽生えていく話が大人に寄り添うものになっていた。

養老孟司『唯脳論』の等身大以上の思想

 

 


二日酔いの朝は吐き気と頭痛に悩まされる。症状がとりわけ酷いと内臓や脳みそを取りだしてやりたくなるが致命傷になる上に、酒が飲めなくなってしまうので考えなおす(そのときは飲みたいなんて思わないが)。この時期は花粉のせいか頭が痛くなったり、ぼーとしたりする。堪らずカフェインを摂取して気を引き締めるが、カフェインが切れると一段と症状は悪化してしまう。花粉が体内に取り込まれるのを防ぐためにマスクをする。コロナウィルスに関わらずマスクは手放せない。快・不快。これを判断するのはやはり脳によるところが大きいだろう。

 


養老孟司さんの『唯脳論』を読みました。解剖学者の養老先生が解剖学からの視点で脳について語ってくれます。脳とは神経細胞の集まりである。そしてこの細胞の働きは興奮と抑うつを感知すること、以上。喜びと悲しみ。プラスの感情とマイナスの感情を検知する機能があるだけである。それが高度な思想や独創的な発想、温かな思いやりになる。なんとも不可思議な。そして現代に必要とされているスキルは後天的なものも多い。

 


たとえば、計算能力は元々備わった脳機能ではない。小学生から算数を学ぶとすると生まれて6年後経ってようやく数について習って、おはじきなんかを使いながら1年かけて足し算や引き算を習得していく。掛け算はその後だ。言葉は勝手に覚えていく。1年近くかけて身につけるものではない。それほど計算は骨の折れる作業なのである。算数でさえ、そんな苦労を要するのだ。それ以上に高度なことは自然に理解できなくて当然なのである。

 


新たな知識を取り入れることは簡単なことではない。そして今ある知識は光に照らされて等身大以上に大きくな影をつくる。宗教や大事な人への想いは特にそうなりがちではないだろうか。大きくなってしまった影はぶつかり合ったときに強い衝撃を起こす。ただ人の知識、あるいは感情はいびつな形をしている。光の角度をかえさえすればケモノのように恐ろしかった影も他者を包み込むような優しい形になるかもしれない。だから多面体的に面を増やしていくとよい。4面体、5面体、6面体…もっともっと。そうすれば人の大きな尖った影も受け止められるし、人の大きな窪みも埋められる。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のヱヴァに乗る理由

 

 


新しい作品が発表されると、1つ前の作品が再評価されることが往々にしてある。これはわかりやすい評価対象が前作ということもあり、前作を評価した人間たちが新作に対してハードルを上げて楽しもうとするので前作が新作に打ち勝ってしまうのは必然かもしれない。そういった意味でヱヴァンゲリヲンQ公開後の破の評価の高さは異常だった。賛否両論のQに対して、王道を行く破の評価が上がるのはしょうがないかもしれない。シリーズ最高傑作とも言われていた破であるが、シンヱヴァンゲリヲンが公開した今、破はどんな立ち位置なんだろうか。

 


破では人気キャラクターのアスカと新キャラクターのマリが登場する。続々と現れるニューフェイスと止めどなく襲いかかる使徒。恋あり、アクションあり、涙ありの王道超大作である。

 

 

 

 


ここから破のネタバレを含みますのでご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


新キャラクターの式波・アスカ・ラングレーは誰よりもヱヴァに乗りこなせると自負してる。それこそが彼女のアイデンティティであり、危険を顧みずにヱヴァに乗り込もうとする。そんな彼女はシンジくんにヱヴァに乗る理由を問いた。シンジくんは「わからない」と答える。あんたバカァ?彼女にしてみれば「わからない」とはただの言い訳であり、無責任な言葉であると言う。父親に頼まれたから嫌々乗っているだけであり、何者でもない自分が死んでしまう恐れがあるのに世界を救う責任を背負ってまでヱヴァンゲリヲンに乗りたくはないのだ。強いて言うならば父親のためという、他人のためだ。

 


彼らヱヴァンゲリヲン操縦者たちはみんな14歳である。いろんなところから毛が生えはじまるような年齢である。そんなお年頃の彼らに闘わせるのは非人道的ではないか?そこで考え出されたのがダミープラグ、つまりヱヴァンゲリヲンの自動運転である。しかし、機械に地球の命運を握らせて、もし仮にその任務に失敗した場合、我々人類は納得できるのだろうか。「機械が無理だったら人間がやったところで無理だったろう」と機械に絶対の信頼を置いてないと諦めきれなそうにない。しかしヱヴァンゲリヲンは人造人間である。暴走の頻度も多い。これに頼るしかない世界はきっと不安だらけだろう。

 


シンジくんは先ほどのダミープラグによる悲劇に遭いヱヴァから降りるも、綾波レイを守るために再びヱヴァに乗る。もう親父のためではない。自分に救いたい人がいて、それを実行するために乗る。

 


ぼくも会社の面接でそれっぽい理由を言って受かったが、本当は仕事なんてしたくない。上司から仕事を与えられるがそれを処理しなければならないのは自分であり、自分でモチベーションを作り出さなければいいモノはできない。どこかで自分の理由を持たなければ世界とは闘えないのだ。